作業の流れ

孤独死や事故、事件などの現場などは、死後すぐに気付いてもらえた場合は、まだいいのですが、実際には死後、数日してから気づかれることが非常に多く、そうなるとどうしても現場には異臭とかなんらかの痕跡が残ってしまいます。

こういった痕跡は、当然ですが放置しておくわけにはいきません。

誰かが、必ず片づけと清掃をしてあげなければいけないのです。

その清掃と片付けの業務を担ってくれるのが、特殊清掃という業務に携わっている方々です。

ですが特殊清掃という業務があるのはなんとなく知っていても、特殊清掃の業務の内容というのは、知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで特殊清掃の業務の流れについて簡単に説明してみると、特殊清掃というのは基本的に現状回復をするというのが業務の大事なポイントです。

ということで作業としては消毒や消臭、除菌などをメインとします。

通常現場というのはにおいの原因となる菌やウイルスが、非常に多く繁殖している状態です。

このウイルスや菌などを無害化するのも、特殊清掃の業務の一つなのです。

また汚れが部屋に染みついている場合は、それもきれいに清掃します。

そして先ほども述べたように、原状回復するという事が基本なのです。

ただし原状回復が完了したら、それで終わりではありません。

最期に、きちんと亡くなった方に対してご供養をして、それで初めて特殊清掃の業務が完了したと言えるのです。

Comments are disabled